婚活は素直さが鍵。あまのじゃくはダメ



婚活は素直さが鍵。あまのじゃくはダメ

Q、私はこれまで何度か婚活パーティーに参加してきているのですが、相手に対してどのように接したら良いのかがわかりません。例えばとても理想的な相手に声をかけられても、すごくタイプですなんて言ってしまうと誰にでも言っているようなイメージを持たれてしまいそうで、どんな男性が好みなのかを聞かれても、ごく一般的な男性の特徴を言ってしまったりすることがあります。

本当は素直にあなたのような男性はとても好みですと言いたいのですが、このように伝えてしまうとお相手からは軽々しいと思われてしまうような事はありませんか?自分の中では素直に伝えたいのにも関わらず、上手に伝えることができないので、もどかしさを感じることもあり、最近は婚活パーティーに参加しても以前のように楽しいと感じることがなくなってしまいました。初対面の相手でも本当に理想的なお相手の場合には素直に伝えた方が良いのでしょうか?

パーティーパーティー口コミ

素直でなければ婚活はスムーズに進みません。

A、婚活パーティで合うお相手というのは初対面となりますが、例えばあなたが初対面の男性に自分と全く違う女性の好みを言われたら、この人とは脈がないと思いますよね?これと同じようにお相手の男性もあなたに興味を持ってくれているにもかかわらず、自分と違うタイプの男性が理想だと言われれば脈がないと思いあなたから離れてしまいます。しかし反対に本当にタイプで理想的だと言われれば、もしかしたらお世辞かも。なんて思っていても、悪い気分にはならないし、そこから会話が広がっていきます。

本当に理想的なのかどうかというのはその後付き合っていけばわかることですから、あまのじゃくになってしまい、変に自分に壁を作るよりも素直な気持ちを伝えた方が良いと思います。何人ものお相手に同じことを言っているのであれば軽々しいと思われてしまったり噂が広まるようなこともありますが、あなたの場合にはそうではなく、本当に理想的なお相手を目の前にすると理想的だと伝えられないということですので、今後は正直に伝えていく方が良いでしょう。あまのじゃくになってしまうのは大きなデメリットとなるので、素直な気持ちで婚活をしていくと良いと思います。長く付き合っているお相手ではなく、初めての相手ですから素直な気持ちを伝えなければ誤解されてしまうことのほうが多いですよね。

誤解されてしまい、その後の関係に発展せず残念な思いをするよりも、素直な気持ちをアピールしてお相手に喜んでもらえた方がその後の交際に発展する可能性も高くなります。